カテゴリー別アーカイブ: ガーデニング工事

不安要素を気にせず使える場所にリフォーム。

<施工後>
今回は木目調のアルミ材で境界部のフェンスとお庭の仕切り(ワンちゃんが出て行かないように)を施工しました。
一部を同じ商品で扉式にしてみました。

お家の窓からの出入りは自然石の床にした階段を制作しました。
ワンちゃんの待機場所は土を残し芝生で敷地を覆いました。

<施工前>
取り掛かる前は枕木・木製のデッキとフェンスでしたが老朽化により使いづらくなってきたので木製の材料はすべて無くす事になりました。

自然を基調に制作ガーデン。

<施工後>
天然・自然素材を使用し広範囲のメンテを軽減し「温かみを感じるガーデン」へと演出しました。

ステージまでの案内も天然石でステップを制作して自然なつながりを。

お家の入り口の門柱周りは「重厚感」を持ちつつも温かみあるお出迎えを演出しました。

こちらのお庭の通路部には枕木調のコンクリート平板にておもてなし、レンガにてステージ・花壇の粋な演出を提案しました。

<施工前>

手間を軽減し自然な仕上がりに。

※今まで敷地が土のままで雑草などの手入れが必要だったのですが今回はどのように変わるのかご覧ください。

<施工後>
●テラス(洗濯物干し場)の足元にはレンガ調仕上がりのコンクリートで仕上げ、木製のパーゴラの足元は枕木調のコンクリート平板を施しました。

アプローチには通路部に枕木調の平板で、一部にスクエア調のステージの額縁に枕木調平板でフロア面は天然石で仕上げました。
残りの敷地は人工芝生でメンテナンスの軽減をしました。

<施工前>

プライベートガーデンにアーチで粋な演出を。

京田辺市 M 様邸

<施工後>
アーチをくぐり奥までの間に花壇で育てた草花の色彩や香りを楽しみながら
歩く空間のマイガーデンを演出しました。

<施工前>
工事前はこのような状態でしたがどのように変わるのかご覧ください。

●完了するまでの進行状態です。

積んであるブロックにアンカーを打ちこんでいきます。

同じブロックで新たに土留めとして積んでいきます。

通路になる場所に石調の平板(コンクリート製)を据付けていきます。

こちらにはレンガを使用して花壇を制作します。

アーチの設置です。
柱にアイアンウッドを使い、上部にロートアイアンの飾りを取り付けします。

フェンスの柱部をパイプで独立仕様の基礎を固定していき・・・

花壇用の土は真砂土にバークをしっかり混ぜ込んで入れていきます。

室外機用のカバーをアイアンウッドで制作していきます。

植栽工事にてしだれ桜を植えこみます。

アプローチに平板を据え、残りの土の部分には化粧砂利でおしゃれに飾ります。

植物用のフェンスを設置していきます。

工事の完成です。
小道には石調のコンクリート平板を据付て化粧砂利で彩り、趣きあるマイガーデンの通路に。

通路の奥には平板をたくさん使い広い空間に演出するステージを制作しました。

こちらは植木を植えた足元だけに化粧砂利で華やかに。
通路は平板を据えつけました。
残りの土の部分は M様が作り上げる緑のカーペットにしていただく予定です。

南欧風のリゾート気分を味わう仕上げに。

京都市左京区 O 様邸

<施工後>
今回は O様のご希望の南欧風のイメージで仕上げました。
アプローチ・ガレージ土間はセメントですが乱形調・シームレスで自然な仕上げに近づけました。

<施工前>
工事を始める前の O様のお宅は新築の工事なのでこのような状態でした。
どのように変わるのかご覧ください。

●完了までの施工の様子です。

今回の工事の取り合い部の残土処分・砕石敷き・転圧などをおこなっていき・・・

門柱になる商品の組み立てをして・・・

セメントで固定しそのそばにアイアンウッドの角柱を立てていきます。

境界のブロックにフェンスの柱を固定して・・・

本体の取り付けをしていきます。

玄関までのアプローチのセメントを打って今回の仕上げの型紙を張り合わせていき・・・

専用の色粉を万遍なく均一に振り掛けコテで押さえて馴染ませていきます。
乾きを見て型紙をはがします。

次にガレージの土間の下地工事で型枠を組んでいき・・・

コンクリートを打ってから施工周囲の養生をしていき・・・

専用の色粉を振り掛けていきます。

コテで均一に均し色を馴染ませます。

植木を植え込んでいきます。

施工部の一部に化粧砂利を敷き均していき・・・

工事の完成です。

メンテ部の大幅カットで「淡い色彩素材で憩いの場」へ。

宇治市広野町 M 様邸

<施工後>
メンテの必要な場所を大幅カットし、目視に優しく淡い色彩素材を使用。
ガーデンの仕上げには「Rを基調とした憩いの場」へと変化しました。

<施工前>
緑で華やかに持続されていた M様でしたがメンテを減らす要望などをご相談頂きお庭のリフォームです。

●完了までの工事の進行作業内容です。

お庭も変えるので植木・草花の処分していきます。

もともとあったデッキ・フェンスも朽ちてきてたので全て取り除きます。

新たに制作する下地の基礎作りをしていきます。

今の外壁・フェンスについた表面の汚れや湿気から付いたコケを水圧洗浄機で洗浄していきます。

再び新たに塗装していきます。

下地の囲いをした中には砕石を入れて機械で転圧していきます。

次に今回のフェンスにする場所の柱を据付けていきます。

花壇になる部分をレンガで積んでいきます。

アルミ材を決めた寸法にカットして・・・

材料同士を固定していきます。

この場所は機能門柱と門扉でしたが今回の仕上がりに合わせてレンガの門柱にさせて頂きました。

下地を制作した場所はタイルを貼っていき・・・

目地を入れて綺麗に拭き取っていきます。

花壇の部分の正面にレンガでサークルで覆いフロアに天然石を貼っていきます。

据え終えた柱にアルミ製の板を固定していきます。

駐車場のカーポートも新しく変え据付けていきます。
駐車場の平板土間を取り除き、次の仕上げの下地を作ります。

お庭の残りの部分もコンクリートで下地を打ち、仕上げ材の専用のボンドを塗っていき・・・

小粒の石を樹脂ボンドで混ぜ合わせた材料を均していきます。

土間のヒビ防止に天然石のピンコロサイズのものを積みます。

駐車場の土間打ちをしていきます。

●工事の完成です。
今回は土の部分を花壇だけにし、他は天然素材にアルミ製とローメンテのガーデンに提案しました。
全体の収まりは自然感を出すのに本物の天然素材の材料を使って制作し、アルミ素材も木目調のものを使って
制作しました。

お庭のリフォームでメンテ部を抑え自然に目視できるお庭に。

東香里南町 N 様邸

<施工後>
リフォームでアイアンウッド使用のデッキとフェンスで憩いの場を。
花壇をレンガで作り、あとのフロアは「人工芝」で覆いました。

<施工前>
杉系木材のデッキ・お庭の植木と草花のリフォームのご相談にこられました。

●工事が完成するまでの作業内容です。

既存デッキと植木・草花の撤去作業の次に取り合い部のポーチを取り除いていきます。

新たにアイアンウッドにてデッキ・フェンスの骨組みを制作していきます。

デッキの床用の板を固定していきます。

フェンス用の柱に板材を固定していきます。

レンガで花壇を積んでいき・・・

お庭の敷地を「人工芝」を寸法に合わせ固定していきます。

花壇内に庭園灯を設置して植栽工事も進めていきます。

工事の完成です。

枕木基調のガーデンへと「リ・ガーデン」。

京田辺市 H 様邸

<施工後>
工事前に使用されていた枕木に合わせて、同じく枕木のステップ・アイアンウッドのフェンス・人工芝のグランドカバーと自然なお庭にまとめました。

<施工前>
お庭は土のままの敷地で雑草の駆除でお悩みのご相談です。

■ガーデニング工事が完成するまでの作業内容です。

始めは現在の雑草除去の作業からおこない・・・

真砂土を新たに補充していきます。

新設で枕木によるステップを設置していきます。

土として残る箇所には、防草シートを専用ピンでしっかり止めていきます。

フェンス用の柱の場所に角材を据付け・・・

板材を張り合わせていき柱をセメントで固定します。

柱が立っている部分の前に枕木を立てて「枕木ベースのガーデン」に。
土のスペースには「人工芝」を敷いていきます。

工事の完成です。

エクステリアとタイルを優しい色調でコラボ。

京都府木津川市 K 様邸

<完成状態>
今回は「暖蘭物語」と「ココマ オープンテラス」のコラボレーションです。

<施工後>
家の窓の出入りには「タイルテラス」のステージからで屋根テラスで日除け・雨避け対策もバッチリ!!

<施工前>
外構工事に取り掛かる前の敷地は土の状態でした。

■外構工事完成までの作業内容です。

施工取り合い部の立水栓を新設で違う場所に設置します。

タイルの下地にブロック積みをしていき・・・

取り合い部の会所マスの調整をしていきます。

エクステリア工事で「暖蘭物語」の骨組みをしていきます。

違うスペースには「ジーマテラス」を組上げていきます。

タイルの下地のセメントを打っていきます。

タイルを貼り合わせていきます。

敷地の表面に真砂土を入れて均していき・・・

人工芝を現地寸法に合わせて収めていきます。

外構工事の完成です。

自然素材と樹脂素材とのコラボ。

2012年11月14日より工事開始  枚方市 T 様邸

<施工後>
■メンテナンス減少!樹脂製デッキ・広場には石系平板にてステージを。
kuzuhaasahi3%20taketi39.JPG

<施工前>
●老朽化によりデッキが使用できなくなりご依頼頂きました。
kuzuhaasahi3%20taketi02.JPG

※完了までの進行状況はこのようになりました。

kuzuhaasahi3%20taketi02.JPG

kuzuhaasahi3%20taketi07.JPG

もともとあったデッキを撤去した状態です。
kuzuhaasahi3%20taketi12.JPG

施工するデッキの柱部の掘り方をし・・・
kuzuhaasahi3%20taketi17.JPG

セメントにて柱の立つ土台を固定していきます。
kuzuhaasahi3%20taketi19.JPG

現場の寸法に合わせ材料のカット・・・
kuzuhaasahi3%20taketi20.JPG

部材の取り付け・・・
kuzuhaasahi3%20taketi21.JPG

デッキを制作していき・・・幕板用の付属品を取り付けます。
kuzuhaasahi3%20taketi23.JPG

デッキを完成してから平板施工部の寸法測り・・・
kuzuhaasahi3%20taketi25.JPG

仕上がり高さの墨だしをしていきます。
kuzuhaasahi3%20taketi27.JPG

整地で整え、砕石を敷き均してメッシュ筋をしきます。
kuzuhaasahi3%20taketi30.JPG

平板をセメントで固定していき・・・不要のセメントを取り除いていきます。
kuzuhaasahi3%20taketi31.JPG

広いスペースの場所には、先に下地のセメントを打ちます。
kuzuhaasahi3%20taketi34.JPG

下地土間の上にさらにセメントで平板を据付けていきます。
kuzuhaasahi3%2520taketi36%5B1%5D.jpg

工事の完成です。
建物部のデッキはこのようにコンパクトに仕上げました。
kuzuhaasahi3%20taketi41.JPG

通路部には大きめの平板で歩きやすいアプローチに。
kuzuhaasahi3%20taketi39.JPG

ステージになる部分には小さめの平板を貼り合わせていき、立派なステージに。
kuzuhaasahi3%20taketi44.JPG

※仕上げた平板周りは T様ご自身 で仕上げるという事で心待ちにしております。
これから楽しんでいってください。
工事依頼・契約ありがとうございました。